ChatGPTが書いた文章を見分ける方法や判定ツールについて解説!

「ChatGPTと人間の書いた文章を見分ける方法はある?」「ChatGPTの書いた文章に特徴はある?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

実はChatGPTの書いた文章には特徴があったり、それを見分けるための判定ツールがあります。

今回PROMPTYでは。ChatGPTの書いた文章を見分ける方法や判定ツールについて解説します。

ChatGPTとは

ChatGPTはOpenAIが開発した自然言語処理モデル「GPT」を使用した、AIチャットボットサービスです。

ChatGPTは高度な自然言語処理能力を持っているため、人間とほとんど変わらない文章を書くことができます。

人間と変わらない文章構成能力が備わっているため、見分けるのはかなり困難ですが、判定ツールやいくつかの注意点を踏まえることで少し判定しやすくなります。

ChatGPTの基本情報については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

ChatGPTとは、人間に近い自然な会話を実現するAIチャットツールで、先進的なAI技術が活用されています。 2022年11月に登場し、その無料でアクセス可能な画期的な性質が話題を呼び、SNS上で高品質な文章生成や人間らしい回答が評[…]

ChatGPTの文章判定ツール「AI classifier」

「AI classifier」とは、ChatGPTの開発元である、OpenAIが開発しました。

AI classifierでは入力された文章がChatGPTに書かれたものなのか否かを判定することができます。

出力される結果によって、この文章のAI生成の可能性を調査することができます。

AI生成の可能性
likely非常に高い
possibly高い
unclear if it is不明
unlikely低い
very unlikely非常に低い

AI classifierはこちらから使用できます。

We’re launching a classifier trained to distinguish between …

※注意
「AI classifier」は、7月26日に判定精度の低さを理由に公開が一時停止されています。

今後より高精度の判定ができるようになれば再公開される可能性もあるため、定期的にチェックすることをおすすめします。

ChatGPTの文章を判定するコツ

ChatGPTが書いた文章かどうかを人力で見分けようとする際、注目すべきポイントは以下の通りです。

①当たり障りのない内容
②長文が連続する
③文章に癖がない

この3点について解説します。

しかし、今回紹介するコツも、プロンプト次第では克服することが可能な特徴です。

あくまで「見分ける際にまず確認してみるといい事」程度で理解してください。

①当たり障りのない内容

ChatGPTは時々間違った情報を提供することがあります。

GPTのバージョンが上がっていく度に間違える頻度は減っていき、GPT-3.5やGPT-4では分からないことは「分からない」と回答を拒否する能力が備わっています。

ChatGPT自身も誤った情報を提供しないように注意しているため、出力された内容が回りくどかったり、当たり障りのない内容を出力することがあります。

②長文が連続する

人間が文章を書く場合、内容を簡潔に述べたり、一文辺りの分量を短めにするなど、読み手の理解のしやすさを念頭に置いて文章を書くことが多いのではないでしょうか。

一方、ChatGPTでは長い文章を用いた説明が繰り返される時があります。

しかし、この特徴は人間でもそのような文章を書く人はいますし、プロンプトで支持を行えばChatGPTは簡潔な説明を心がけてくれるため、あくまで参考程度に考えておくことをおすすめします。

③文章に癖がない

人が文章を書く時、言葉遣いや文章の書き方に、良くも悪くも癖があるケースが多いです。

ChatGPTの作る文章には、何かの役割などを与えない場合、癖が少ないことが多いです。

ただし、フォーマルな場で使用する資料での言葉遣いなど、その「その人らしさ」を極力減らすことを意識して作成された文章もあります。

そういった場合、人間が書いた文章であってもChatGPTが出力したような文章になる可能性があります。

ChatGPTの文章を見分ける研究が行われている

カンザス大学の研究チームは、「ChatGPTが書いた学術論文の判定」を目的にアルゴリズムを開発しています。

科学研究論文64本をChatGPTに読み込ませ、ChatGPTに新たに128本の論文を作成させました。

その128本の論文を基に、ChatGPTの文章を見分けるためのアルゴリズムを開発しました。

このアルゴリズムに人間が書いた論文30本とChatGPTが書いた論文60本を振り分けさせてみた結果、ChatGPTが書いた論文は100%見分けることに成功しました。

しかし、ChatGPTが出力した文章に人間が手を加えてしまうと、その判定は困難になる可能性もあります。

参考:Yahoo Japan ニュース

まとめ

今回はChatGPTの書いた文章を判定する方法について解説しました。

学術論文や本の出版など、ChatGPTが適さない場面も存在する一方で、簡単なメール作成などChatGPTを活用できる場面では積極的に使用していくことがいいのではないでしょうか。

PROMPTYでは他のChatGPTについての記事も多く扱っているので、是非ご覧ください。